2010年04月30日

脱線事故5年 石橋位子さん「本当に大変な日々でした」(産経新聞)

 「本当に大変な日々でした」。祭壇の前で一礼し、母は静かに語り始めた。親思いの息子は、5年前も誕生日を祝ってくれる約束だった。長男の孝広さん=当時(34)=を亡くした石橋位子(たかこ)さん(64)=大阪府阪南市。追悼慰霊式の「慰霊のことば」で、息子の面影を探し続けた歳月を、涙ながらに振り返った。

 陸上自衛官だった孝広さんは事故の約1年半前、父の新太郎さん(63)の看病のため千葉県から兵庫県伊丹市の駐屯地に移った。

 「じっとしてたらあかんで」。孝広さんは、子供のころ家族でよく行った近所の山に、位子さんを誘った。19歳で家を出た息子との十数年ぶりの山歩き。「おかんのペースでいいからな」。時々立ち止まる息子がいとおしかった。

 だが、幸せな時間は突然断ち切られた。事故から2日後の平成17年4月27日、一緒に祝おうと約束していた60歳の誕生日は、孝広さんの通夜になった。

 この年の秋、一緒に行く予定だった北アルプス・立山連峰を登った。息子の面影を探すためだった。その後も友人や孫らと各地の山を訪ね歩いた。山に行けばいつも、山頂を吹き抜ける風や木陰に孝広さんの息吹を感じ、「天国で元気にしてるんやな」と安心した。

 別々に暮らした期間が長かった孝広さんとの思い出は多くない。2人で収まった写真も1枚しかない。でも、孝広さんは心の中で生き続ける。「それでいい」と今は思う。

 遺品の免許証をバッグにしのばせて臨んだ慰霊式。祭壇の向こうにいる孝広さんを思い、ひと言ひと言かみしめるように話した。「生かされている限り、息子の写真をリュックに入れて旅をするのが夢です」。悲しみは消えない。それでも前を向いて歩いていく。気丈に語る母の目に、最後は涙はなかった。

【関連記事】
負傷者らがメモリアルウオーク JR福知山線脱線事故
JR福知山線脱線事故、25日で5年 慰霊式開催へ
「ともに泣く検察」実現できず JR西の歴代3社長が強制起訴
長女亡くした父、日記でたどる5年 JR脱線事故
遺族「扉が開いた」 JR西の歴代3社長が強制起訴
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

新聞記事や割引券…実用的学力重視 学力テスト(産経新聞)
志願者2万4000人=法科大学院入試、低水準続く−文科省(時事通信)
普天間移設 沖縄の代表団官邸に 長官「負担軽減に配慮」(毎日新聞)
「まさかジオスまで」再び繰り返された混乱(読売新聞)
<雑記帳>再活用目指して「廃校全国サミット」 秋田(毎日新聞)
posted by タカノ マツオ at 12:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

平城遷都1300年祭 メーン会場、収容力不安も(産経新聞)

 平城遷都1300年祭のメーンイベントが開催される奈良市の平城宮跡(特別史跡)で18日、地元住民向けの内覧会が行われ、約2万8千人でにぎわった。来場者は一足早くイベントの雰囲気を満喫したが、パビリオンの収容能力が低いため「楽しみにしていたのに入れなかった」といった苦情も相次ぎ、24日からの本番に不安を残した。

 内覧会では、奈良時代の平城京内の様子をバーチャルリアリティー映像で紹介する平城京歴史館や、復原された第一次大極殿のほか、世界各国の料理が楽しめるフードコートなどの各施設が本番さながらにプレオープンした。

 しかし、各施設やパビリオンはどこも長蛇の列となり、1時間以上も待つ人も。歴史館では、開館直後の午前9時ごろから入館希望者が殺到し、1日の収容能力いっぱいとなる3500人分の入場整理券は午前中になくなり、午後からの来場者は入館できなかった。

 歴史館に入れなかった奈良市西大寺野神町の主婦、松谷真紀子さん(38)は「一番楽しみにしていたのに残念。案内所も少なく、施設を探すのにも時間がかかった」と不満を漏らした。

 また、会場の入り口の朱雀門から第一次大極殿までは約1キロあり、遠さに閉口する人も。同市疋田町の主婦(60)は「休憩所が少なくて歩くのがつらい。暑い時期には、帽子やうちわを配るなどの工夫をしてほしい」と渋い表情だった。

 1300年祭では当初、9つのパビリオンが建設される計画だったが、不況で予算が圧縮され、実現したのは2館だけ。待ち時間などへの不評について、主催する記念事業協会事務局の田中敏彦副局長は「収容能力が限られているのは事実で、理解していただくよう努めたい」と話した。

【関連記事】
国家築くロマン、全身で感じる 平城遷都1300年祭
始皇帝も驚く“日本のハリウッド” 恐るべし!!太秦
四神と十二支壁画完成 奈良・平城宮跡大極殿
仲代達矢、薬師寺で映画奉納式 5月公開「春との旅」
天皇の高御座…国家の意気込みも再現 平城宮跡で内覧会
外国人地方参政権問題に一石

<チューリップ>春の香、満喫 三重・桑名(毎日新聞)
26日に魁皇への顕彰式=政府(時事通信)
菅財務相「小泉さんも逃げた」 消費税引き上げ(産経新聞)
将棋 羽生リード広げるか、三浦反撃なるか…名人戦第2局(毎日新聞)
少年愛好「ショタコン」国際化、性ビジネス確立(読売新聞)
posted by タカノ マツオ at 20:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

国連事務総長、初の広島平和記念式典出席へ(読売新聞)

 【ワシントン=小川聡】鳩山首相は13日午前(日本時間同日夜)、潘基文(パンギムン)国連事務総長と核安全サミット会場内で短時間、会談した。潘事務総長は「核軍縮・不拡散に向けた機運が高まっている」と述べ、今年8月6日に広島市で行われる平和記念式典(原爆死没者慰霊式、平和祈念式)に出席する意向を伝えた。実現すれば、国連事務総長としては初。事務総長の広島訪問は1982年以来となる。

 外務省によると、記念式典には、国連事務局から軍縮部長らが例年出席している。

「宇宙でさらに明るく」=運動や化粧も、テレビ電話で診断−山崎さん主治医(時事通信)
<事業仕分け>川端文科相が枝野刷新相に苦言(毎日新聞)
民主鹿児島県連、徳之島移設案の白紙撤回要請へ 普天間移設問題(産経新聞)
キセル乗車 相鉄が車掌解雇 定期券の入出場記録不正操作(毎日新聞)
中尊寺副住職、女子高生にワイセツ(スポーツ報知)
posted by タカノ マツオ at 11:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。