2010年06月15日

41歳男を指名手配=車に前野さんの血痕―神奈川県警(時事通信)

 横浜市中区の横浜みらい法律事務所で弁護士前野義広さん(42)が殺害された事件で、神奈川県警加賀町署捜査本部が千葉県市川市に住む無職の男(41)を指名手配していたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。捜査本部は男の自宅など関係先数カ所を捜索したが、所在不明だという。
 男が逃走後に乗り捨てたとみられる車の中から、前野さんの血液が検出されたことも新たに分かった。男は事務所で相当な返り血を浴びた可能性が高いことから、捜査本部は男が事件に関与したことを示す有力な証拠とみている。 

100円ショップから10万円奪う 東京・三鷹(産経新聞)
参院選日程「一日も早く決めて」…選管が悲鳴(読売新聞)
民主党 政調「衣替え」着手 政府と党の共催案など浮上(毎日新聞)
「武富士」副社長宅に銃弾か=脅迫文とともに届く―警視庁(時事通信)
<スポーツ基本法案>自公が再度衆院に提出(毎日新聞)
posted by タカノ マツオ at 22:41| Comment(21) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

<口蹄疫>運搬車が感染経路か 調査チーム指摘(毎日新聞)

 口蹄疫問題で、農林水産省の疫学調査チームは7日、宮崎県えびの市で初の感染が確認された農場と、企業が運営する川南町の系列農場とを行き来した飼料や家畜の運搬車が感染経路になった可能性を指摘した。

 両農場が系列関係にあることは4月の発生時から分かっていたが、具体的な感染経路の可能性が示されたのは初めて。同市の4農場を現地調査後、宮崎市で会見したチーム長の津田知幸・動物衛生研究所企画管理部長が指摘した。

 4月25日に感染疑いが確認された川南町と、えびの市の1例目の農場の間では、家畜を降ろすことはなかったが、食肉処理場に運ぶため同じ運搬車に載せることがあったという。車や飼料などにウイルスが付着していた可能性があるとみられる。

 また、津田チーム長は、えびの市で感染が広がらなかった理由として、早期発見と迅速な防疫措置が奏功したとの見方を示した。【石田宗久】

【関連ニュース】
口蹄疫:ワクチン接種、国が全額補償へ 山田前副農相
口蹄疫:農水省チームが現地で疫学調査
口蹄疫:「宮崎牛」エース級種牛5頭、抗体検査も陰性
口蹄疫:エース級種牛5頭は陰性 「宮崎牛」全滅回避へ
口蹄疫:感染「飛び火」対応は従来通り 山田前副農相

JR貨物はねられ女性死亡、10万人影響 京都(産経新聞)
東京・日本橋兜町の覆面強盗で共犯の男逮捕 警視庁(産経新聞)
◆PINS FACTORY(ピンズファクトリー)◆あなたの町のピンズ実例紹介【山梨県】財団法人キープ協会 様 「ポール・ラッシュ祭ピンズ」 株式会社デザインアンドデベロップメント
クールビズ閣議 批判の中「かりゆし」(毎日新聞)
玄葉光一郎政調会長会見詳報(3)(産経新聞)
posted by タカノ マツオ at 02:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

「くらたま」文春報道に激怒 「略奪婚は事実無根だ!」(J-CASTニュース)

 漫画家の倉田真由美さん(38)が、略奪婚だと夫の前妻から訴えられていると文春が報じたことに対し、「記事内容は事実無根」だと怒っている。不倫を示す知人メールなどはインチキで前妻の言いなりを報じたというのだ。J-CASTニュースでは、文春に取材したものの、コメントは返ってこなかった。

  「最初から、文春の取材を受けていればよかったと、少し後悔しています」

 J-CASTニュースの直撃取材に、倉田真由美さんは2010年5月26日、こう切り出した。

■夫の前妻が計2000万円の損害賠償求める

 週刊文春が「略奪婚」と報じたのは、20日発売号。記事ではまず、倉田さんの夫で映画宣伝プロデューサーの叶井俊太郎さん(42)が、前妻(42)と09年3月13日に離婚したのは「形式的」だったと指摘した。叶井さん経営の映画配給会社が業績悪化し、債権者の取り立てが来て迷惑を掛けるとして、叶井さんが前妻に、「落ち着いたら復縁しよう」と約束したという理由からだ。

 ところが、別居2日前に、知人女性とやり取りした叶井さんのメールを前妻が見たところ、そこには、なんと離婚時に倉田さんがすでに叶井さんの子を身ごもっていたことを示す内容が書かれていたというのだ。

 その後、前妻は、同11月30日になって、不倫で精神的苦痛を受けたとして、叶井さんに1500万円、倉田さんに500万円の損害賠償を求める訴訟を起こした。記事によると、送受信時間が分かるメール履歴は証拠として提出された。裁判は、倉田さん側が離婚届提出後に交際したなどと全面的に反論し、現在も係争中という。

 この文春報道について、倉田さんは、「略奪婚というのは事実無根」だとして、週刊朝日の連載コラムや自らのブログで怒りを露わにしている。

 週刊朝日では、「知人女性から夫に送られたというメールもインチキ」だと主張。叶井さんも「ひどいよね」とため息をついていたという。ブログでは、「一人の女性の言うことを何の証拠もなくそのまま書いた」と指弾している。

■文春は、取材にコメントを返さず

 文春の記事では、取材に対し、倉田真由美さんは、「裁判中を理由にノーコメント」だったとしている。

 この点について、倉田さんは、J-CASTニュースの取材には、「係争中なのでオープンにするのは裁判的によくなく、マスコミには一切話さない方がよいと弁護士に言われたから」と説明する。さらに、訴えた前妻が一般女性のため、争いの内容をはっきり言ってはいけないと考えたこともあるとした。以前に、「だめんず・うぉ〜か〜」の漫画でも前妻の話を書こうと考えたが、偽名にしたほかの一般人とは違い、特定されてしまうとして止めたことがあるという。

 文春の取材にノーコメントを通したことをやや後悔しているためか、J-CASTニュースの取材に対しては、記事内容に激しく怒りをぶつけた。

  「知人女性のメールについては、裁判で向こうが言っているだけです。この知人に聞いたところ、『知らない』と言っています。知人や夫の携帯電話に入っていたもので、証拠があるわけではありませんよ」

 携帯メールを見て、前妻はうろ覚えで言っているのではないかとする。メモしたり印刷したりした可能性はあるものの、文春の記事とは違い、物的証拠として出てきてはいないという。形式的な離婚などの経緯についても事実無根とし、証拠があるため裁判ではっきりさせていくとしている。

 倉田さんは、夫の叶井俊太郎さんと入籍した2009年9月、妊娠8か月であることを明かしている。出産が同11月で、離婚届が同3月であることから、文春も「日数が足りないのではないか?」と指摘したが、倉田さんは、「妊娠時期は、性的行為から計算ではなく、妊娠に気づいたらもう2か月と言われたということもあると聞いています。医師の診断書がありますので、裁判所に証拠として提出する予定です」と話す。

 文春側には、何度も事実をある程度伝えて回答を求めたが、10年5月26日夕時点ではまだ反応がないという。

 週刊文春の編集部は、J-CASTニュースの取材に対し、コメントを返してこなかった。


■関連記事
「くらたま」国会承認 NHK経営委員の報酬ってこんなに多い : 2010/05/26
ホリエモンが取材依頼メール公開 「週刊文春」の質問「低レベル」 : 2009/02/17
小沢幹事長の政治団体から 多額の講演料もらうマスコミ人たち : 2010/02/03
「ブログ」に奨学金の時代!?  ライブドアがブロガー支援 : 2010/05/26
<ビジネス敬語14>反感を持たれずに自分の意見を伝えるには? : 2010/05/27

元船長、傷害罪を否認=シーシェパード捕鯨妨害初公判―東京地裁(時事通信)
PCI背任、元社長ら無罪確定へ 東京高検が上告断念(産経新聞)
<名古屋市議会>全職員対象の賞与削減案可決 政令市で初(毎日新聞)
鳩山首相、サッカー日本代表を激励=岡田監督「気持ち良く行きたかった」(時事通信)
四條畷の女性遺棄事件で身元確認(産経新聞)
posted by タカノ マツオ at 14:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。